一般層にも広がるタトゥー

ボディ

タトゥーと刺青(入れ墨)

本質的には身体(皮膚)に彫り物を施すということで変わりないのですが、タトゥーと刺青(入れ墨)には、若干の違いがあります。先ず、タトゥーの場合は針の入る深さがとても浅く、芸能人や著名人をはじめ一般の人たちなど多くの人たちがファッション感覚で行なっている傾向にあります。一方の刺青(入れ墨)は、針が深く入るために刺青(入れ墨)を施した部分に盛り上がりが見られる、行なうのは一部の人たちに限られている傾向にあります。また、一般的にタトゥー除去の際にレーザーが用いられるケースが多い傾向にありますが、近年では自宅で手軽に行なえるタトゥー除去方法が人気です。除去というよりもタトゥーを一時的に隠す方法になりますが、カバー力があり落ちにくいコスメをタトゥーの上に塗る、エアブラシやシールなどで隠す方法などがあります。

除去法と一時的に隠す方法

タトゥーは、刺青(入れ墨)と呼ばれることもある彫り物です。日本においては、昔から一部の人たちの間では当たり前のものでしたが、一般的な広がりをみせたのはここ最近のことだと言われています。ファッション感覚で行う人も多いのですが、身体(皮膚)に専用の針を刺して模様を彫るため、一度してしまうと消すことは容易ではないと言われています。タトゥー除去の方法には、時間はかかるものの傷跡や痛みを最小限に抑えたレーザー、時間がなく早く消したい場合には切除・削皮・剥削などの方法が挙げられます。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるので、自分に合った方法を選ぶ必要があります。とは言え、どのタトゥー除去法を選んだとしても元通りの肌(皮膚)状態に戻ることは無いため、よく考えないうちから彫ってしまうことがないよう注意が必要です。